ケニア ニエリ・ヒル  500g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

ケニア ニエリ・ヒル  500g

¥4,050 税込

送料についてはこちら

  • 残り1点

  • 粉 中挽き

    残り3点

  • 粉 粗挽き

    残り3点

  • 粉 細挽き

    残り3点

このウォッシングステーションは、ニエリ郡にある民間のコーヒー農園で、その大規模な農園は、標高1700mのケニア山高地の赤い火山性土壌の中に広がっています。この農園はカトリック教会が所有しています。ケニアで最も古いコーヒー農園の1つでもあります。 すべてのコーヒーはフリーウォッシュドで、完熟したコーヒーチェリーは収穫されて工場に運ばれ、パルピングされ、24時間の乾燥発酵が行われます。その後、コーヒーは川のきれいな水で洗われ、高床式のベッドで乾燥されます。栽培されているコーヒーの主な品種は、SL28、SL34、Ruiru11です。コーヒーは、シェードツリーとなるマカデミアの木と間作されています。 コーヒー農園では380人の正社員が働いていますが、収穫期のピーク時には近隣のコミュニティから100~150人の非正規労働者を雇用しています。ニエリ・ヒルは、ニエリ郡で最大の雇用主とみなされています。農園で得られた収入は、ニエリ郡内の教会の宣教活動に充てられており、非常に多くの学校や病院への資金援助が行われていることも重要な点です。 この農園のコーヒーに出会ったのは2016年。初めて口にした時、こんなにクリーンなケニア産のコーヒーは飲んだ事がない、とそのクオリティの高さに驚きました。 以来、毎年何とかしてこの農園のコーヒーを仕入れたいと思っているのですが、世界中から人気の産地であり、なかなか毎年購入する事が難しい状況です。 クランベリーやピンクグレープフルーツを思わせるフレーバー。 紅茶の様にクリーンな質感とフレッシュな酸があり、瑞々しいフルーツティーの様な飲み心地。競技会などでも使われるケニアの有名農園産ハイクオリティコーヒーです。 産地:ケニア ニエリ県  農園:ニエリ・ヒル 生産者:カトリック教会 品種:SL28、Batian 精製処理:ウォッシュド 標高:1,780m