エチオピア ゴラ・コン ナチュラル  200g
5ee38e98b5a4250d4afc4a77 5ee38e98b5a4250d4afc4a77 5ee38e98b5a4250d4afc4a77 5ee38e98b5a4250d4afc4a77 5ee38e98b5a4250d4afc4a77 5ee38e98b5a4250d4afc4a77 5ee38e98b5a4250d4afc4a77

エチオピア ゴラ・コン ナチュラル  200g

¥1,670 税込

送料についてはこちら

  • 粉 中挽き

  • 粉 粗挽き

  • 粉 細挽き

葡萄、ベリー、ジャスミンなど果実館やフローラルさのある風味が上品でエレガントな印象です。 酸味は穏やかで優しく、ブラウンシュガーを思わせる甘味を感じられます。 ゴラ・コンウォッシングステーションは 、ネンセボ川とウェルカ村の隣のアルシ地域にあります。同ウォッシングステーションで作られるコーヒーは、シダモ地域のコーヒーに分類されます。この 生産処理場には、700 ~800人の小規模生産者がコーヒーを納めています。各小規模生産者たちがコーヒーを育てている土地では、アカシアや、現地でワンザと呼ばれる木が日陰を作り出しています。コーヒーチェリーは11月から1月の間に各生産者によって手摘みで収穫され、ゴラ・コン ウォッシングステーションに届けられます。同生産処理場では、ウォッシュト製法とナチュラル製法の両方の処理方法が使われています。ナチュラルコーヒーは、よく風が吹く急勾配の丘の中腹に並べられた乾燥用のアフリカンベッドで15 ~18日間乾かされます。ウォッシュトコーヒーは水中で42~46時間ほど発酵させられます。水は12 時間ごとに新しい水に交換されます。発酵のあとのコーヒー豆の洗浄には、ネンセボ川の支流であるゲレンビチョ川のきれいな水が使用されています。 国:エチオピア連邦民主共和国 地域:西アルシ ネンセボ 生産者:ネンセボ地域の700~800名の小規模生産者 標高:1,900~2,050 m 農園面積:生産者あたり平均1ha 生産処理場:ゴラ・コン ウォッシングステーション 品種:在来種 生産処理:ナチュラル